2013年02月24日

自宅で出来る毛穴ケア


薄毛に効く食べ物・育毛マッサージ・正しいシャンプーの仕方などなど
髪の毛が生えてくる、ふさふさになる育毛生活を詳しく伝授します。
抜け毛・薄毛のヘアケア
自宅で出来る毛穴ケア

「毛穴のつまり」は男性、女性関係なく起きる症状。
毛穴が積んると、抜け毛が増加する原因になってしまいます。
今回は毛穴がつまる原因と、それを防ぐための毛穴ケアについてご紹介します。

毛穴がつまるー毎日、入念に髪の毛を手入れしている方には、関係ない事だと思っていませんか?

┃毛穴もお肌と同じようにターンオーバーする┃
そもそも毛穴とは、毛髪周辺の「くぼみ」をさし、そのくぼみを漏斗部(ろうとぶ)と呼んでいます。
keana1.gif「毛穴がつまる」とは、皮膚と同じように角質が
垢して漏斗部に落ちて溜まる状態なのです。

漏斗部の表面は「表皮」と呼ばれ、お肌と同じように角質がターンオーバーして剥がれていきます。
剥がれた角質は脂肪と混ざり合い、毛髪の周りにくっつきます。
これが筒状になり、まるでマカロニのようになります。

■恐怖!角栓様物質が              毛穴とその周辺断面図 あなたの毛穴をふさいでいる!
kakusenyo.jpg
kakusenyo2.jpg
左:毛髪の周りに角質がついた状態右:塊となり毛穴をふさぐ角栓様物質
<写真提供:バイオテック>  
 
マカロニ状態になった角質に、さらに皮脂・ホコリ・汗などが混ざり、温度変化・酸化・感想など外部環境の変化によって、次第に硬い塊となるのです。
これが角栓様物質(かくせんようぶっしつ)です。毎日、普通、にシャンプーしている人でも、毛穴に存在しています。

角栓様物質が完全に毛穴をふさいでしまうと、頭皮が分泌されても外に排出されなくあってしまいます。
毛穴の内部にどんどん皮脂が溜まり、炎症など頭皮トラブルの原因となってしまいます。
この角栓様物質については、皮膚臨床薬理研究所とバイオテックが自社の育毛の効果を検証している際に発見、角質が毛穴に栓をするような物質であることから、このように命名したようです。

■冬は毛穴がつまりやすい季節  
毛穴のつまりは、皮脂が過剰に分泌されるときだけでなく、
皮脂が出ていない状態でも起こります。
また、気温が高い時期は、頭皮の汚れが浮き上がりやすいのですが、気温が低下すると皮脂の流動性が落ちるため、毛穴がつまりやすくなります。
併せて体温の低下を防ぐため、毛穴の周りの立毛筋(りつもうきん)が緊張して毛穴をふさぎ、
毛穴の内部をアッパックして、皮脂がしぼり出されてしまいます。
よって、冬の方が毛穴がつまりやすい、といえます。

■怖いのは、常在菌より一時菌
毛穴の中や周囲には、常在菌と一時菌が存在しています。
常在菌の主な種類は、表皮ブドウ球菌、アクネ菌、黄色ブドウ球菌の3つ。
繁殖しすぎると、炎症を引き起こす原因となります。
ただ、常在菌の中には、表皮ブドウ菌のように脂を分解してくれる性質をも強い菌もあります。
シャンプーの回数が多すぎると、この良い菌まで洗い流されてしまうことになるので、周囲が必要です。


常在菌よりも怖いのが、一時菌。
連鎖状球菌、大腸菌、枯草(こそう)菌、緑膿(りょくのう)菌などの種類があります。
毛穴がつまると、内部や周囲で一時菌が繁殖しかゆみ・痛み・化膿を引き起こす原因となります。

しかし、この一時菌は洗えば流れ落ちていきます。
頭皮に弱いかゆみを感じた時は、一時菌が繁殖を始めた状態。
このような場合は、いつもよりも丁寧にシャンプし、一時菌を洗い流しましょう。
                                

┃自宅でできる毛穴ケア┃
keana2.gif毛穴のつまりを解消する「毛穴ケア」は、いつもよりも時間をかけてシャンプーする、たったこれだけです。しかも毎日ではなく、1〜2週間に一度で十分です。



1.暖かめのお湯を頭全体に丁寧にかける 指の腹を使い、頭皮を
シャンプーをつける前に頭皮全体を温め、 やさしくマッサージする
汚れをやわらかくします。           ように洗いましょう
2.シャンプーを頭皮につける
シャンプー剤は髪につけるのではなく、頭皮につけるようにします。
手のひらでよく泡立ててからつけると、さらに汚れが落ちやすくなります。
3.両手で頭全体を揉むように洗う
指の腹を使って、頭皮をマッサージする感じで洗いましょう。
右手の指と左手の指の間は1p間隔にし
ニキビをつぶすように頭皮を挟んでください。
挟まれた毛穴から、角栓様物質などの頭皮の汚れが出てきます。
ただし、ちからをいれすぎてはいけません。
シャンプーの泡で洗うような気もとで、やさしくマッサージしてください。
4.シャンプーが残らないように丁寧にすすぐ
残ったシャンプーは、毛穴を詰まらせる原因となってしまいます。
温かめのお湯で、通常よりも時間をかけて洗い流してください。

■不安な方はサロンを利用してもOK
この時に注意して頂きたいのは、頭皮をこすらないこと
そして、力を入れ過ぎないことです。
こすったり、力を入れ過ぎたりすると抜け毛の原因になってしまいます。
あくまでも、頭皮を抑えて動かすことを意識してください。
自分でケアするのが面倒だったり、不安に感じたりする方は、育毛サロンを利用してみるのもいいでしょう。

■頭皮マッサージも効果的
また、バスタブにつかりながら、頭皮をマッサージするとより効果的。
皮脂の適度な分泌を促し、血行が良くなります。
頭皮の温度が29℃以下になると、皮脂の流動性が低下します。
秋から冬にかけては、頭皮のマッサージを毎日行うと良いでしょう。
皮脂流動が良くなると、毛穴の内部に存在する悪い菌の繁殖が予防できます。
さらには、血行が良くなることで、抜け毛予防につながり、健康な髪の毛が生まれてきます。
posted by エスポワール at 12:31| Comment(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。